サッカー少年上達法私のランキング大3位

俺センって、この単語がぴんときちゃったんです。

トレセンじゃあなくて、俺センですよ、俺セン

俺センってどうよ、この響き、いいねえ~~。

 

 

 

 

サッカー上達しそうな雰囲気満載だと思いませんか?

 

ちょっと内容を見てみると・・・・。

 

 

 

【サッカー上達プログラム】ブラジルを倒し、Jリーグを5回優勝した元プロサッカー選手と少年サッカー指導のプロが手がけた上達プログラム 俺センlab1st

 

 

 

一般的にサッカー選手に必要と言われているのは

● 瞬時に的確な判断のできる判断力
● 止める・蹴る・運ぶと言われるテクニックのスキル
● 90分間走り続けることが出来る体力
● 50m走のタイムよりも、10mのタイムが問われるスタートダッシュ力

などが、よく挙げられる項目ですが、

一番効率のよいトレーニング

と、投げかけられています。

 

 

【サッカー上達プログラム】確認はこちら

実際、サッカーは自由度の高いスポーツです。
例えば、野球であればバッターだったら打った後に走るコースは決定されています。
もちろん、攻撃する時バットで打ち返すという行為のみが攻撃方法になります。

サッカーは、「手による攻撃以外」は足だけではなく頭、胸、極端な話お尻でボールを当ててもゴールに入れれば得点です。

そして、動ける範囲もコートの中であれば自由に動き回ることが出来ます。
しかも、相手選手との接触もルール内であれば自由。

つまり、サッカーと野球の違いは、

鍛える要素が多すぎて、「これが正解」と言えるものがない。

だから・・

 

「1番努力した人間が、1番成功できるとは限らない」

怖さがあります。

 

 

 

 

これって本当に怖いと思いませんか?

どんなにどんなに努力しても

やればやっただけとは言えないってことですよね。

間違えちゃうと、無駄になっちゃう可能性があるってこと?

どうやらその通りのようです。

 

 

 

 


つまり、

あなたがだれよりも多くの時間をトレーニングに割いたとしても、それほどトレーニングしていない人間に簡単に負けてしまうことがあるという事です。

また、別の見方で言ってみると、

毎日、3時間トレーニングをしてプロを目指すAさん、Bさん、Cさんがいたとします。

Aさんは、ドリブルトレーニングを。
Bさんは、シュートのトレーニングを。
Cさんは、ヘディングのトレーニングを。

この中で、誰が1番活躍する選手になるのかも分からないという事です。

「このトレーニングに全力を注げば、1番効率よくプロサッカー選手に近づけます。」

というトレーニング方法さえ分かれば、後はそれをやるだけなのですが、現実的には、どのトレーニングをするのか、どんなサッカーをしていくことが将来の夢につながるかは、そのクラブの指導者の価値観や、好き嫌いに左右されているのが現状なのです。

 

 

 

 

ええ~~~~~っつ、そーーーなのお???????

 

 

 

おそらく世界と比べて日本は、非効率なトレーニングにばかり時間を割いているとしか思えません。

 

 

【サッカー上達プログラム】詳細はこちら

 

■サッカー上達法■

PVランキング